2020.05.16 【0516】アパレル大手レナウン社が民事再生を決断、とのニュースが飛び込んできました。また、アメリカでは百貨店大手のJCペニーが破綻したようです。店舗型小売業やアパレルメーカーなどは、かなりの窮地に立たされているようです。弁護士の方に聞くと、裁判所機能が事実上止まっているので、民事再生や破綻といった手続きの申請は多いにも関わらず、進んでいない。大型企業は関連企業取引先等が多く影響が大きいため、手続きを行っていますが、中小企業のこうした申請の多くは止まっているというでした。「自粛要請が解除され、裁判所機能が動き出すと、倒産件数は一気に増えることは間違い」と同弁護士は言っています。
 経済が止まってもうすぐ2か月。コロナウイルス新規感染者は大幅に減少傾向にあり、とりあえずは収束に向かっているようです。しかし、経済・企業経営が本格的な試練を迎えるのは、これからだと強く思います。
「生き残る為に、どのような戦略をとるのか」、すべての企業が真剣に考えています。これまでは、コロナウイルスから生命を守る努力をしてきました。徐々に出口が見え始めたこれからは、企業が生き残る為の懸命な努力をする局面が始まります。

READ MORE

2020.05.16 【0516】アパレル大手レナウン社が民事再生を決断、とのニュースが飛び込んできました。また、アメリカでは百貨店大手のJCペニーが破綻したようです。店舗型小売業やアパレルメーカーなどは、かなりの窮地に立たされているようです。弁護士の方に聞くと、裁判所機能が事実上止まっているので、民事再生や破綻といった手続きの申請は多いにも関わらず、進んでいない。大型企業は関連企業取引先等が多く影響が大きいため、手続きを行っていますが、中小企業のこうした申請の多くは止まっているというでした。「自粛要請が解除され、裁判所機能が動き出すと、倒産件数は一気に増えることは間違い」と同弁護士は言っています。
 経済が止まってもうすぐ2か月。コロナウイルス新規感染者は大幅に減少傾向にあり、とりあえずは収束に向かっているようです。しかし、経済・企業経営が本格的な試練を迎えるのは、これからだと強く思います。
「生き残る為に、どのような戦略をとるのか」、すべての企業が真剣に考えています。これまでは、コロナウイルスから生命を守る努力をしてきました。徐々に出口が見え始めたこれからは、企業が生き残る為の懸命な努力をする局面が始まります。

PAGE TOP